TEL:048-477-9017

〒352-0011 埼玉県新座市野火止5-3-11

WEB予約

症例報告: 心囊水貯留(出血性心囊水)

症例のワンちゃんは急激な元気消失と呼吸状態の悪化を主訴に来院されました。

全身のスクリーニング検査の結果、胸水と心囊水の貯留が認められ、心不全を引き起こしていました。

まずは、状態の改善のために、慎重に胸水と心囊水を穿刺抜去し、抜去した胸水と心囊水の細胞診検査を行いました。

検査の結果、胸水は漏出液(心不全による循環障害が原因)、心囊水は出血性心囊水との診断がつきました。

↓心囊水

出血性心囊水は、腫瘍や特発性の出血などが原因で引き起こります。

この子の場合は右心壁に腫瘍を疑うような病変があり、これが原因で出血性心囊水を引き起こしたと考えられます。

胸水と心囊水を抜去し、心不全に対する治療を行った結果、元気を取り戻し、無事に退院に至りました。